南米旅行を有意義にするために知っておきたいこと(第二弾)

 

前回の記事では、南米旅行を通じて私が感じたことをご紹介しました。アドベンチャーレベルがどれくらいなのか、どれだけ日本人がいるのか…といったテーマが中心となりました。世界には色々な観光地がありますが、その中での位置付けをなんとなく知ってもらうには便利な記事になったと思っています。しかし、まだ実践的な情報が足りませんでした。そこで第二弾では、より実践的な旅の前に知っておくと役に立つポイントをご紹介します。

やっぱり…スペイン語しか通じない

 

南米のほとんどの国ではスペイン語が公用語となっています。そこで思うわけです。旅行の前に「本当にスペイン語なの?」「スペイン語が公用語といっても、英語もまあまあ通じるでしょ?」などなどと思案します。実際に旅をしてあることに気づきました。それはスペイン語の大事さです。英語でなんとなく会話をして旅をすることに慣れている人にとっては未知の領域かもしれません。なにせ、英語がびっくりするくらい通じないのですから。逆に英語に頼っていた日常から抜け出すいい機会です。南米旅行の際には必ずスペイン語の旅行会話の本を持参するか、多少の基本的なフレーズを覚えるかするようにしましょう。スペイン語をどれだけ使うこなすことができるか(または、最低でも、どれだけ抵抗を感じないか…)。これで南米旅行の質が変わると言っても過言ではありません。

標高の推移が激しい

 

アップダウンがすごいです。それは決して、上ったり下がったりを繰り返すという訳ではなく、旅行の全体での標高差がすごいことに気づきました。これはもちろん、各個人の旅程によりますが、私はペルーから始まり、どんどん南下してボリビア、チリと進むことにしました。気候や標高の差がすごいです。環境への順応が苦手な人はかなり注意すべきです。私はなんとか大丈夫でしたが、周りでダウンしている人は結構見かけました。まずは高山病に要注意です。マチュピチュが山として標高が高いことは言うまでもありません。これに加えて、ボリビアのラパスなどは町そのものの標高が高くなっているので、かなりの環境です。頭が痛くなったり不調を訴える人はかなりいます。現地で高山病対策の薬は買えるので、不安な人は是非とも用意しておくことをお勧めします。さらに、どんどん南下していくとチリに進むことになるでしょうか。アタカマ砂漠を訪れたのですが、ここは逆に標高がかなり下がります。このように、旅全体での標高の違いがすごいので、この点はあらかじめ考慮しておくべきでしょう。さらに、山から、塩湖、砂漠まであらゆる環境が揃っているのは楽しいものですが、同時に環境の変化が大きいことも意味します。各自それぞれ「自分は乾燥しているのが苦手」など何かしらの苦手な環境があるはずでしょう。それを一度見直して、旅程にある脅威に備えることをお勧めします。

バスの時間を把握しながら徹底的に計画を立てる

 

私は普段は旅行の計画を立てる正確ではありません。しかし、今回ばかりはかなり入念に計画を立てました。そしてこれが功を奏したというお話です。南米旅行をする人の多くのは一箇所にとどまるよりも何カ国かを移動することになるはずです。マチュピチュはペルーですし、ウユニ塩湖はボリビアにあります。この二つの両方を訪れるだけでも国をまたぐことになります。そんな時に必ずやっておきたいのが徹底した計画です。バスの時間まで考えるのが大事なポイントです。実際にやってみてお勧めだったのがエクセルシートを使ったプランニング。かなり堅苦しい響きかもしれませんが、どうかお許しください。これくらいかっちりと決めて正直よかったと思っています。スペイン語の難しさや旅の冒険感が相まってなんとなく「ちゃんと準備しておかないとやばいかも」という気持ちになったのが逆によかったという訳です。結果的に幸運だったと思っています。南米旅ではバスが絶大な存在感を発揮します。どのバスに乗るのかで、旅の全体像が大きく変わります。長距離バスは思いのほか近代的で快適。それが私の第一印象でした。わりと時間通りで困ることもありません。ただ、最初に何時のどのバスに乗るのかを把握しておくことがお勧めです。これを知っているだけで、旅の大枠をしっかりと組み立てることができます。流れとしては、新しい町に移動したらそこでバスを先に予約してしまって(その場で時刻表の確認をする)から観光を始めるという具合です。