ヨーロッパ旅行の基本中の基本をお教えします(初心者向けの話)

 

ヨーロッパ旅行は初めて…どうすればいいのかわからない。何から考えようか。そんなことを考えているあなたのために今回の記事を執筆しております。ヨーロッパ旅行は比較的初心者でもとっつきやすい傾向にありますが、それでも、いざ旅行の準備を始めるとなると困ってしまう人もいるでしょう。ヨーロッパの中でもどこを旅行すべきなのか…特にあなたにとってぴったりな国や都市は?そんな場所から基本中の基本をご紹介します。基本だからといって油断してはなりません。基本だからこそ大事なのです。

 

まずは、あなたが海外旅行にあまり行ったことがない人と想定して話を進めていきます。ヨーロッパには素敵な国がたくさん。どこにしましょうか?あなたの好みを把握するところから始めましょう。例えば、メルヘンちっくな場所が好きな人には、ベルギーやエストニアなどがおすすめです。スイスもいいですね。そして、もう少しショッピングや高級感を出したい場合には、フランスのパリやイギリスのロンドンが候補として挙がります。ちょっと意外かもしれないのが前述のエストニアでしょうか。エストニアの首都はタリンです。かなり小さな国、町ですが、だからこそメルヘンな雰囲気が漂っていておすすめです。特に旧市街は冬の雪が降っているタイミングで訪れるのが最高です。

 

今度はフランスに話を移しましょう。フランス、パリは言わずと知れた観光の一大スポットです。エッフェル塔やルーブル美術館があり、どこを歩いていても最高の景色を楽しむことができます。それこそ、さりげないカフェや建物、通りの全てがオシャレだと感じることでしょう。ただし、パリについては知っておきたい事実も。この場所ではスリが多発しています。今度は安全確保の話を進めていきましょう。

 

フランス、パリは意外とスリが多いことで有名です。日本人は特に無防備で無用心であることから標的になりがちです。しかも英語もフランス語も話せないことが多いので、スリに狙われたら…もう警察でうまく届け出をすることもできないので、お手上げ状態です。そんな状況をスリはよく知っています。だからこそ、私たち日本人が狙われるのです。ターゲットになりやすい事実は拭えないのです。だからこそ、ちゃんと自分で自分の身を守りましょう。一番大事なのは、荷物の管理です。日本の感覚で旅行をしていると、一瞬の隙をついて、ひょいとハンドバックなどを取られてしまいます。さらにブランドの店から出てきた日本人を狙うスリもいます。この場合は、もうちょっと強盗に近いでしょうか。ひどい話ですね。せっかくブランドを買ったのに、店を出た瞬間に盗まれてしまっては、悲しむ時間すらありません。

 

他にもスリの多い地域を把握しておきましょう。有名なのはローマです。ローマという響きはロマンチック以外の何ものでもありませんが、それと同時にスリの巣窟でもあります。レベルの高い(決して褒め言葉ではありませんが)スリがウヨウヨいます。是非とも、荷物の管理には気をつけてください。特に後ろに背負ったバックパックや口の開いたハンドバックは要注意です。集団で作戦を決行するスリもいます。一人が注意を逸らしてもう一人がポケットからすっと…という具合です。誰かが話しかけてきても、そこに全ての意識を向けずに「お、これはちょっとおかしいかも」と考えるようにしてください。手口を何パターンかご紹介しておきましょう。

 

一つ目は、ケチャップやアイスクリームなどで服を汚すものです。いきなりぶつかってきて服にシミをつけます。そして、拭いてくれるフリをしますが、そこに気を取られているうちに、他の人がやってきてポケットやカバンから財布を抜き取ります。他には、地図を使うものです。これも第一の仕掛け人が話しかけてきて、地図を見せて、道を尋ねてきます。もちろん観光客なのでわからない仕草をしますが、そうこうしているうちに、知らないうちに財布が盗まれているという具合です。これの仕組みは視界を遮ることです。地図を目の前に広げて下が何も見えない状態にして、そして死角に手を入れてものを盗んでいきます。

 

このように「あ、この都市はスリがいることで有名だったなぁ」と知っているだけでだいぶ注意の度合いが変わります。まずは意識することからはじめてください。日本での生活と同じ感覚でいたら絶対に被害に遭います。