結局のところ海外旅行のゲストハウスで試されるのはコミュニケーション力

 

前回の記事で、英語上達について簡単に語らせてもらいました。全て簡単な話です。音で覚えるという話と、失敗を恐れないで話すべしという話でした。それに関連して、今回はコミュニケーションを扱いたいと思います。結局のところ、ゲストハウスでうまいことコミュニケーションを取れるかどうかは、失敗を恐れない「テキトーでいっか精神」にかかっています。面白いものです。失敗など気にしない。そんな考えを身につけた瞬間から大きな変化が。

 

是非とも一度やってもらいたいのですが、どうでしょうか。まずは、英語を話さなければ…うまく、完璧に…という強迫観念を捨てましょう。これだけで大きな変化が実感できるはずです。英語が完璧である必要は全くありません。むしろ、完璧な英語などありえません。日本人である以上、高いレベルの英語を披露する必要などないのです。外国語なのですから、まずは「できないで当たり前」だと思ってください。ミスして当たり前です。

 

前回の記事でもご紹介しましたが…何も気にしない姿勢で挑むだけで、コミュニケーションを円滑に進めることができます。英語力は関係ありません。事実として、英語力がゼロであっても、結果的にうまいことコミュニケーションを取れている人はいるのですから。考えてみてください。ゲストハウスでどんな人に出会ったら嬉しいですか?いちいち英語の文法を気にして堅苦しい会話を展開する人でしょうか?それとも、何も深いことを考えずに楽しいひと時を過ごす人でしょうか?必ず後者でしょう。客観的に見てみればわかることですが、意外と忘れがちなところです。

 

逆に「それはどういう意味ですか?」という目的でゲームを進めることもできます。英語が通じないなら通じないなりの楽しみがあるということです。そう考えてみることをお勧めします。通じないなら、通じるかどうかをゲームにしてしまうこともできます。

 

多少の語弊を恐れずに言ってしまえば、海外では、社交的に明るく振る舞う人が多いに受け入れられます。もちろん、日本でもその傾向にはありますが、海外ではより顕著です。「なんだか知らないけど、楽しもうぜ」という風潮ですね。それにいかに入り込めるか。これが重要です。特に海外旅行では皆がはっちゃけているのですから、それに飛び込めるかどうかが大事です。是非とも一度やってみることをお勧めします。そして気づくはずです。意外と、みんな、ミスや文法の誤りを全く気にしていません。日本にはむしろそのような文化があります。悲しいもので、ミスに厳しい文化でしょうか。これを海外にまで持ち込む必要はありません。国境で食い止めましょう。

 

具体的には挨拶です。日本人にとってなかなかハードルが高いかもしれませんが、是非ともゲストハウスで出会った人には、必ず声をかけてみてください。「Hi(ハイ)」と話しかければ、きっと返事をしてくれます。それだけで嬉しくなるものです。こんな気軽な感じでいいんだ。そう思えるのです。気軽に話せる。この楽しさを是非とも味わってみてください。病みつきになります。世界の他の場所から来た人と意外な理由で出会って、面白い繋がりを感じられる。これこそが旅の醍醐味ですね。それでもどうしても英語に自信がない…という人は、視覚的な助けを借りることをお勧めします。例えば、写真です。こんな場所を旅して、こんな絶景を見て…そんな写真を見せるだけで意外と会話が成立します。「どこなの?」「いつ行ったの?」といくらでも会話は膨らみます。もう一つおすすめなのが、相手に質問をすること。自分が質問をたくさん受けると意味がわからなくなるかもしれません。そこで、自分から質問をして会話のテーマをコントロールしてしまいましょう。