海外旅行前のプランニングをさらに先につなげる…そんな話(第四弾)

 

ここまでは海外旅行のプランニングについて怒涛の執筆を行ってきました。あまりにも話すことがありすぎるので、その勢いのまま進んでいます。もう第四弾になりました。旅前の下調べから始まり、日記形式の記録へと進み…今は、公開の部分です。つまり、せっかく獲得した知識やデータ、経験をアウトプットしてみてはいかがでしょうかという話です。

他の人に公開することの本当の意味

 

他の人に自分の海外旅行の経験やデータ、情報を公開することをどう考えていますか?緊張するでしょうか?面倒でしょうか?実際にはメリットがたくさんあります。一つ目は前述の内容の振り返りにもなりますが、情報の確認です。本当にあのコメント(つまり公開した文章の一部)は正しかったのだろうか…と考える機会を持つのは非常に重要です。ただ頭で「何となく」な記憶を持つだけでは、細かなポイントを考えることはないでしょう。なにせ、曖昧なのであり…それが曖昧であることに気づくことすらありません。コンテンツの公開にはある種の責任が伴います。それが「事実をしっかりと確認する」姿勢を養ってくれるということです。メリットはまだあります。他の人とつながることで、新たな知識に出会うことができます。これについては次の項目でご紹介しましょう。

知らない人から学びをもらうチャンス

 

せっかくコンテンツを公開したならば、インタラクションを促進するようにしましょう。具体的にはコメントを募集するのが効果的です。海外では割と一般的ですが、日本の市場であ、あまり積極的にコメントをすることは普及していません。正確な理由はわかりませんが、きっと、日本の人の方が、知らない人と関わることに消極的なのでしょう。メールアドレスの入力を伴うことが一般的であり、だからこそ、個人情報の開示について慎重なのも、日本人に言える特徴です。そんな中でどのようにコメントをもらうことができるのか。少し脱線となりますが大事なポイントなのでこれについても触れておきましょう。コメントをもらうには、それを推奨することが重要です。例えば、ブログとしてあなたの旅の記録を公開するとしましょう。そんな時には必ず「このブログはコメントを大募集しています」という方針を明らかにしましょう。ブログに対するコメントは、割と勇気のいる作業です。知り合いのブログに対してコメントをするのは、ちょっとしたSNS感覚で楽かもしれませんが、知らない人のウェブサイトやブログでは勝手が違います。そこでしっかりと応援してあげましょう。難しいことではありません。記事の最後に必ず「ブログへのコメントを募集しています!」などの文章を添えるようにしてください。これだけで、かなりの割合でコメントをもらうことができるはずです。

コメントをもらうために知り合いの協力も使う

 

さらにもう少し、コメントの話を進めましょう。コメントをもらうことは、新たな学びのためにかなり重要です。そこでさらなる技を使ってみてもらいたいものです。例えば、友達にコメントをお願いするのがおすすめです。気軽にコメントできる環境を作るには、他のコメントが欠かせません。すでに何個もコメントがついていると、その中に入り込みやすくなります。これは集団心理でもあり、人間には集団基礎属意識があります。簡単に言えば、人がわいわい楽しくやっている所には参加したくなるもので、そこで居心地のよさを感じるのです。この真理を利用しましょう。色々な人がコメントしているブログ記事を想像してみてください。かなり自分も参加しやすいと思いませんか?誰もコメントしていないブログ記事と比べてみてください。その違いは明確です。

コメントの返事について

 

コメントの全てに返事をするのは基本中の基本です。特に学びを得たいのなら、どんどんやり取りをしましょう。そこから新しい知識を獲得することができますし、もちろん、そのブログを読んでくれている人にとっての恩返しにもなります。このようにコメントの返事が増えていくと、素晴らしいフォーラムのような空間が出来上がります。フォーラムの良さはインタラクションです。つまり、人と人が相互に関わることで最高のコンテンツが生み出されます。これを狙うには、コメントへの地道な返事が欠かせません。