海外旅行ブログの方向性を考える(プランニングと細かな軌道修正の話)

 

海外旅行ブログの基本は、そのプランニングから始まります。海外旅行そのものについてのプランニングの話はここまで何回もしてきましたが、今回は海外旅行ブログを作る際のプランニングについてご紹介したいと思います。

海外旅行ブログという括りを細分化する

 

海外旅行を扱うブログといっても全てを大雑把にまとめることはできません。細分化しようと思えばいくらでも種類を列挙することができます。例えば自分を全面的に出した、少し「芸能人のような」日記スタイルのブログがあります。これは自分が目立つことが好きであったり、有名になりたいと言う願望があったりする人にはぴったりかもしれません。必ずこのタイプのブログが自分に合わないと思う人もいるわけです。どうかご心配なく。必ずしも自分の顔をすべての記事に出して、自分をアピールする必要はありません。むしろ、自分の顔写真等は出さずに海外旅行ブログを展開する人の方が多い位です。

その他の海外旅行ブログのジャンル

 

では具体的にどのような海外旅行ブログのジャンルがあり得るでしょうか。他には、情報量の多さに焦点を当てたブログやウェブサイトという選択肢があります。これは、日記タイプのブログとは正反対です。どこに行けばどのようなものが食べられて、どこでどこ行きのバスに乗れるのか…といった具合に海外旅行をサポートするような情報を掲載するとこのタイプに分類されるでしょう。このような海外旅行ブログは、ストーリー性を盛り込みすぎないほうがうまくいきます。

情報系のブログは日記系の記事とは違う

 

もう少し詳しくお話をさせていただくと、このタイプのブログに読者が求めるもの…それは、情報量です。特定の情報を求めてあなたのウェブサイト/ブログに人々が訪れることになるので、そこで余計な話はなるべくしない方が得策です。もちろんどこまでが余計でどこまでが余計ではないのかを見極める力も養う必要があります。実際これの判断に迷ったときには、ある明確でシンプルな指標を使うようにてください。それは、読者が何を求めているのかです。そこを徹底的に考えてください。

読者からの要望を理解するように努力

 

前回の記事とも関連してきますが、読者からのコメントは特に大切です。そこから読者が本当に求めているものが何なのか見えてきます。コメントを何ももらっていない場合でも、読者が求めるものを把握するように心がけましょう。読者とのインタラクションはとても大事です。これに関連してお勧めの情報をご紹介しましょう。1番アナログと言えばアナログかもしれませんが… Twitterアカウントなどを特別に作って、ウェブサイトを訪れてくれた人とコミニケーションを取るようにしてみましょう。

個人アカウントと切り分ける

 

個人アカウントをそのまま使うこともできますが、普段つぶやく内容があまりもウェブサイトが違うならば、ぜひとも別にアカウントを作成することをお勧めします。というのもウェブサイトであったりブログであったり…どちらでも良いのですが、これの構成を明確にすることがとっても大事です。一目で何のウェブサイトなのかがわかるようにしましょう。そのような意味でブログと個人アカウントがバラバラ(関係ないもの同士が混在している)になっていると、読者が混乱してしまうかもしれません。ここで難しいことを考える必要はありません。ただシンプルに、一貫性を確保するようにしてください。

一貫性と密なコミュニケーション

 

迷ったら、ブログとウェブサイトの一貫性を確保しながら、読者と密にコミニケーションをとりながら、何が求められているのかを把握するように努力し続けましょう。そこから得られる結果でウェブサイトの調整をしながら、方向性を決めるのでもいいかもしれません。このような意味で運営をしながら調整をするという行為は当たり前のように発生します。ですので、最初から、上記のような「どのジャンルに属するのか — どのジャンルが自分が得意なのか」を考えてからブログ作りが始まります。そして、その道中に、読者の要望や望む物を出来るだけ理解するようにして、ちょっとした軌道修正を常に施します。これがブログ/ウェブサイト運営の基本的な流れです。ブログが成長してくると、読者の層が明らかになってきます。最初から狙った人…ではなくて、他の層に人気が出ることは普通にあり得ます。ですので「こんな人に向けて発信している」という思いと「実際に誰がブログを見ているのか」という事実が乖離しないように注意しましょう。